溝の口胃腸科・内科クリニック|川崎市の胃カメラ・大腸カメラ・内科・内視鏡内科

〒213-0012
川崎市高津区坂戸1-6-20 ハイランド・ベイ溝の口1F
WEB予約

電話・WEB予約をおこなっておりますが、予約無しでも受診可能です。

MENU

電話・WEB予約をおこなっておりますが、予約無しでも受診可能です。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

Medical

胃がんを予防するためには

ピロリ菌

胃がん検診について

料金について

胃内視鏡(胃カメラ)検査とは

胃内視鏡検査とは、一般的にいう「胃カメラ」のことです。 胃内視鏡は光ファイバーを用いた機器であり、従来の胃カメラとは狭義には異なりますが、現在でも簡略化して胃カメラと表現されています。当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)では、患者さんの苦痛軽減を目的として口からでも鼻からでも行えるよう体制を整えております(経口・経鼻)。挿入方法は、患者様のご希望と状態を踏まえて決めることが出来ます。 胃内視鏡検査では、先端に小型撮像素子(CCDカメラ)が搭載された内視鏡を鼻や口から挿入して、リアルタイムに消化管の中の映像を観察する検査です。直接内腔を観察できるので、微小な病変の発見に優れています。疑わしい病変が見つかった場合は、その部位の組織を採取して病理検査を行ったり、ポリープの切除や誤飲した異物の摘出など、様々な治療も行うことができます。

(患者様へ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、胃や食道の病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果たしています。 過去に辛くて苦しい内視鏡検査を体験された方もいらっしゃるかと思いますが、近年の内視鏡技術は格段に進歩しています。苦痛も少なく、より精密な検査を行うことが可能となっています。また当院では患者さんの苦痛軽減を目的として口からでも鼻からでも行えるよう体制を整えておりますので、お気軽にご相談ください。

胃内視鏡検査の種類

■経口胃内視鏡検査

カメラを口から挿入し、先端に付いている超小型のカメラで主に胃や食道の様子を画面に映し出して検査を行います。カメラは非常に細いので、苦痛も少なく検査を受けることができます。

上部消化管内視鏡検査(経口挿入)の受け方


■経鼻胃内視鏡検査

口ではなく鼻からカメラを挿入するので、舌の根元に当たらず吐き気は少なく済みます。極細内視鏡を使用するため、鼻の痛みを軽減することに役立ちます。

(口からの検査に抵抗を感じる方へ)

胃カメラを口から挿入すると、咽頭反射といって、喉を通過する際に嘔吐感(おえつ)が生じ、苦痛を感じる患者様もいらっしゃいましたが、鎮静剤によって、その苦痛を緩和できるようになりました。更に、口から入れる経口挿入より楽な経鼻内視鏡は普及(技術的進歩もあり)しており、体への負担は減っています。経鼻内視鏡の場合、咽頭がんや喉頭がんも発見しやすくなりました。

上部消化管内視鏡検査(経鼻挿入)の受け方

当院の内視鏡検査の特徴

当院では、経鼻内視鏡機器を整備し、ご希望に応じて鎮静剤を使用することで、出来るだけご負担なく検査を受けて頂けるように心がけております。鎮静剤を使用する場合には、バイクや車での来院は避けて頂き、検査後にリカバリールームにて一定時間の休憩をして頂き、十分な覚醒を確認させて頂きます。

胃カメラ(胃内視鏡検査)でわかる病気・疾患について

胃カメラ(胃内視鏡検査)では、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、急性・慢性胃炎、胃・十二指腸ポリープといった疾患の診断・検査に有効です。

【病気について詳しく見る】

胃内視鏡検査の流れ

検査前

まずは診察にお越しください。 現在の症状やこれまでの病歴などを伺います(人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。 続いて診察を行います。 検査が決まったら、患者様のご都合を聞きながら検査日程を決定し、ご予約をお取りし、検査についての詳しい説明を行います。また、内視鏡検査に必要な血液検査を行います。 緊急性によっては当日の検査にも対応致します。お電話いただき、食事を摂らないで来院してください。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

原則として、前日の食事制限は必要ありませんが、なるべく21時までに食事を済ませてください。 当日の朝は食べないでいらしてください。水分は、水やスポーツ飲料など、色のついていないものならば問題ありません。午後の検査の場合は、朝は軽く済ませてお昼は食べないでください。服装は、なるべく楽な格好でお越しください。

検査当日

1.受付(問診票記入)

スタッフの指示に従ってご記入ください。わからないことなどございましたら、お気軽にお尋ねください。

2.問診

内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください。

3.受付(問診票記入)

検査前に、診察を行います。検査を行うにあたり、問題が無いかを確認します。また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れをご説明します。

4.検査

内視鏡検査を行います。 力を抜き、リラックスして受けてください。検査は5~10分で終わります。 ※病理検査の方は、生検鉗子で組織を採取した際は(痛みはありません)、粘膜からの一時的な出血を認めますが、数分で自然に止血しますのでご安心ください。

5.検査終了後

検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。 気分が悪い時は、お申し出ください。 お休みいただいた後、検査後の注意事項の説明があります。

6.検査結果の説明

画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。

胃がんリスクを下げるために(ピロリ菌除菌)

ピロリ菌は慢性胃炎の原因で、最も重要なのは、胃がんの原因として科学的に実証された因子だということです。更に現在では除菌療法によりピロリ菌除菌に成功すれば胃がんのリスクを低減できることが分かっています。

恩師の上村直実先生(国立国際医療研究センター国府台病院 名誉院長・前理事)がピロリ菌除菌による胃がん抑制効果に関する報告を2001年The New England Journal of Medicine (NEJM)に報告され(Uemura N et al. Helicobacter pylori Infection and the Development of Gastric Cancer. NEJM. 2001; 345:784-789)、また除菌による2次予防効果についても報告されています。 (Cancer Epidemiol Biomarkers Prev;6,639,1997)

胃がん検診について

胃がん検診とは

胃がん検診とは、「胃がん」という特定の病気に罹っているかどうかを調べるための診察や検査を行うことです。

早期発見で、90%以上が完治

胃がんは、早期発見できれば治る可能性が高い病気だということはご存知でしょうか?

下記のグラフは、胃がんの進行度合い別に5年生存率を示しています。これをみて分かるように、ステージⅠの、がんが粘膜層にとどまっていて、他に転移していない早期の段階では、5年生存率は98%に達します。

 

 

 

恩師の後藤田卓志先生(日本大学医学部長)が早期胃がんに対する内視鏡的治療(内視鏡的粘膜下層切開剥離術endoscopic submucosal dissection:ESD)について数多くの報告をされています。 Endoscopic resection of early gastric cancer.

Gotoda T.Gastric Cancer. 2007;10(1):1-11. doi: 10.1007/s10120-006-0408-1. Epub 2007 Feb 23.PMID: 17334711 Review.

胃がんは、早期に発見して治療できれば、治る可能性がたいへん高い病気なのです。そのために欠かせないのが【胃がん検診】です。

 

お申し込み

  • 胃カメラ(胃内視鏡検査)をご希望の方は、当院へお問い合わせ・ご予約ください。

※当院はがん検診実施医療施設になります。

  • 来院での予約時には、「受診券」、「お薬手帳」が必要になります。

対象者

検診内容:問診・胃カメラ(胃内視鏡検査)
(補足)

  • ・生活保護受給者は自己負担無料(持ち物:受給者証または医療券をご持参ください)。
  • ・胃カメラ(胃内視鏡検査)で医師が「生検必要」と判断した場合、生検(患部の一部を切り取って調べる検査)を行う場合があります。生検にかかる費用については保険診療となり、別途請求がありす。

検査を受けられない・あるいは注意を要する方

  • ・抗血栓薬(血液をサラサラにする薬)を内服している方
  • ・胃カメラ(内視鏡検査)に関する同意書に同意が得られない方(同意書の説明は医療機関にて行います)
  • ・当日の体調などにより医師が検査困難と判断した方、内視鏡の挿入ができない方
  • ・妊娠中の方、またはその疑いがある方

胃がん検診の種類

胃がん検診は、大きく分けて【対策型検診】と【任意型検診】の2種類があります。

対策型検診

お住まいの市区町村などの自治体や職場などで加入している健康保険組合が主体となって、集団で行う検診を対策型検診と言います。

任意型検診

人間ドックなど、個人の希望で行う検診を任意型検診といいます。

近年報告された国内外の臨床研究から、「胃内視鏡検査は胃がんによる死亡率を減少させる効果がある」と判断されており、2016年4月から”対策型検診”として推奨されております。胃カメラ(胃内視鏡検査)とX線検査のどちらかを選べる自治体もあります。 一次検査で胃がんかどうか疑わしい病変が見つかった場合には、精密検査として胃カメラ(胃内視鏡検査)を行います。胃がんの診断を確実にするために“胃生検”といって、内視鏡でその部位を少量採取して顕微鏡で詳細に調べます。

胃カメラ(胃内視鏡検査)の料金について

胃内視鏡検査 3割負担(保険診療) 1割負担(保険診療)
胃内視鏡 4,230円 1,410円
胃内視鏡・病理組織検査(1〜2臓器) 8,190円〜11,700円 2,730円〜3,900円

・上記は、保険診療によって定められた価格です。

(患者様の保険負担により異なりますので目安としてご覧ください)。

・初診料(初診の方)、診察料は別途費用がかかります。

・苦痛の無い内視鏡検査をご希望の方は別途鎮静剤の費用がかかります。

※詳細はお電話にてお問い合わせください。